眼瞼下垂の治療を受ける|名医のいる病院探し

片目がたるむ理由とは

先生

先天的な筋肉の緩みが原因

友人が眼瞼下垂の手術を名医がいると評判のクリニックで行いました。友人の眼瞼下垂は先天的なもので、眼瞼挙筋というまぶたの筋肉が発達していないために目が開きづらくなってしまうのです。先天的眼瞼下垂は片方の目にだけ起こることが多いのも特徴です。眠たそうな表情に見えたりして人に与える印象もよくありません。友人はアイプチでごまかしていましたが思い切って整形手術を受けることにしたのです。手術方法は緩んでしまったまぶたの挙筋を糸で留める埋没法という治療が行われました。埋没法はメスを使わないので傷跡が残ったりしません。術後の効果が気に入らなければやり直すことも可能です。術後のダウンタイムも少なく当日からメイクをすることも可能なのだそうです。

医師の評判を参考にしよう

友人の受けた埋没法は正式には埋没式挙筋短縮法という手術です。これは特殊な手術のため医師の経験と技術がものをいいます。患者の体調や持病なども手術に影響してきます。それらをしっかりと見極めることができるのも名医としての証です。友人の担当医は眼瞼下垂の名医で手術した患者数が多いことで知られています。失敗例もほとんどないということで多くの人の信頼を集めています。またこの病院では術後が気に入らない場合は元に戻して手術費用を返金してくれます。これも手術に対して自信を持っている証明ともいえます。カウンセリングに時間をかけて短い時間で完璧な手術をするのが名医と言えるでしょう。友人の場合は知り合いの評判で医師を選んだそうですがインターネットの評判も参考になります。

早めに治療して悩みを解決

カウンセリング

眼瞼下垂はまぶたの筋肉や神経の異常によって発症します。まぶたが開けづらいと視界が悪くなり危険ですし、また頭痛や肩こりの原因にもなるので、早めに治療することが大切です。眼瞼下垂治療の名医を探すにはネットを活用し、治療実績が豊富で丁寧な説明と最善の治療法の提示をしてくれる点を重視しましょう。

もっと見る

まぶたの開きを正常にする

フェイス

眼瞼下垂の治療は、日常生活に戻りやすくするために回復期間が短い治療を選ぶようにすると良いと言えます。信頼出来る名医に治療を申し入れるためにも、カウンセリングで治療内容やアフターサービスを確認することが大事です。

もっと見る

侮れないまぶたのたるみ

目元を触る人

眼瞼下垂は、単なるまぶたのたるみではなく、頭痛や肩こりなど様々な症状も伴います。放っておくと日常生活にも支障をきたす場合があるので、施術が必要になります。とても繊細な箇所の手術なので、名医を探して安心できるクリニックを選びましょう。

もっと見る