眼瞼下垂の治療を受ける|名医のいる病院探し

侮れないまぶたのたるみ

目元を触る人

単なる老化現象ではない

まぶたが重く目を開けているのに違和感があったり、しっかり開かない、目の奥が痛い、常に眼精疲労が続いているなどの症状がある場合、眼瞼下垂の疑いがあります。眼瞼下垂は、単なるまぶたのたるみではなく、様々な症状を伴います。見た目が大変老けて見えるだけでなく、頭痛や肩こりを伴ったり、時には自律神経にも支障をきたす場合があります。原因は、先天的な場合と後天的な場合があります。後者は、花粉症やアレルギーで目を頻繁にこすったり、コンタクトやつけまつげを長時間つけていることでも発症する場合があります。放っておくと、日常生活に支障が出たり、何より女性にとっては、顔の印象がだいぶ老けてしまうのでとても気になりますよね。

後悔しないクリニック選び

眼瞼下垂が進行した場合、手術によって治療を行う必要がでてきます。顔の最も目を引く部分の手術になるので、確実な技術を持った名医に手術をしてもらいましょう。では、どのように眼瞼下垂の名医を探したらいいのでしょうか。実際に施術を受けたことがある人に紹介してもらえれば一番安心できますね。そうでない場合は、実際にクリニックに行ってその人が名医かどうか自分の目で確かめましょう。美容外科医や形成外科医の中でも、実際に眼瞼下垂の手術実績がある医師を選びましょう。また、費用が安かったり、広告でよく見るなどといった理由だけで選んではいけません。実際の中身をしっかりと見極めて、名医のいるクリニックで施術を受けるようにしましょう。